2010年04月21日

税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)

 金融庁は16日、株式の公開買い付け(TOB)情報を公表前に入手し、不正な株取引で利益を得たとして、金融商品取引法違反(インサイダー取引)で税理士や信金職員ら4人に対し課徴金納付命令を出した。証券取引等監視委員会の勧告を受けた措置。課徴金額は自営業者が1127万円、税理士が14万円、信金職員が101万円、会社員が85万円。 

【関連ニュース】
特別顧問に高木元金融庁長官=アフラック
薬のネット販売など重点項目に=農協関連も対象
リンク・ワンの処分勧告=有価証券報告書の虚偽記載
企業統治で制度強化=独立役員や報酬開示を義務化へ
保険会社の健全基準を厳格化=12年3月期から

村木被告の元上司、小豆島町長に初当選(産経新聞)
高齢者虐待、防止に加え「対応」手順書も作成―栃木県(医療介護CBニュース)
自民・小池氏も離党表明=参院選公認で県連と対立(時事通信)
増える2学期制、導入の公立小中が5年で倍(読売新聞)
舛添氏、東国原氏と会談 新党構想に触れず 自民内で批判「オオカミ中年」だ(産経新聞)
posted by アイザワ テツ at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。