2010年06月18日

新たな仕組みの抗カビ物質=医薬品開発へ応用期待―理研など(時事通信)

 カンジダ症など、カビが原因の病気に現在使われている薬とは違う仕組みでカビを退治する物質が見つかり、理化学研究所や京都大などの研究チームが15日までに米科学誌ネイチャー・ケミカル・バイオロジー電子版に発表した。新たな薬を開発する手掛かりになると期待される。
 この物質は、天然のスポンジとして利用されるカイメン(海綿)が生み出す「セオネラミド」。蛍光色素で着色し、カビ細胞への影響を調べると、細胞膜に含まれる脂質成分「エルゴステロール」に結合し、異常な細胞壁合成を促進することが分かった。 

【関連ニュース】
大型草食恐竜、新種と判明=学名「福井巨人」、国内4例目
脂肪溶かすたんぱく質発見=抗肥満薬の候補に
アレルギー抑制分子を発見=治療法開発に期待
酸素を効率良く吸着=新生産法に応用期待
可視光で光触媒の働き=将来の水素生産期待

パロマ事故、札幌訴訟も和解へ=地裁が勧告、条件協議(時事通信)
南アW杯 ヨハネスブルクで祝祭沸騰(産経新聞)
<窃盗>コンビニで「今から盗むけん、警察呼んでくれ」と万引き 「刑務所行きたくて…」(毎日新聞)
学校早退しひったくり、容疑で中3生2人逮捕(読売新聞)
歯医者でのどに脱脂綿つまらせ2歳児死亡 埼玉・新座(産経新聞)
posted by アイザワ テツ at 13:18| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。